更新クエリの使い方|整数を千の位で四捨五入するクエリ作成例:Access

クエリ メニューへ

更新クエリとは、テーブルのデータを指定した条件で一括更新してくれるクエリです。

例えば毎日の仕入れ値で定価を決めているような場合、毎回手動で定価を計算するのは大変ですが、更新クエリならばまとめて一発でできてしまいます。

スポンサーリンク




使い方はデザイン画面で条件の式を入力するだけなので、VBAを使うより簡単です。

ただ一括で更新してしまい元には戻せません、初めての条件式などでは事前にテーブルのバックアップをしておいた方が安全です。

ここで作成したサンプル データベース ファイルは無料でダウンロードできます。

■ 更新クエリの作成手順

更新クエリの元になる、都道府県別の人口テーブルです。
更新結果が比較できるように、同じデータの「人口」と「人口更新」のフィールドを作成しています。
更新クエリの元になる人口テーブル

リボンの[作成]〜クエリ グループの[クエリ デザイン]をクリックします。
[作成]〜クエリ グループの[クエリ デザイン]をクリック

テーブルの表示ダイアログが開きます。
クエリの元になる人口テーブルを選択します。
テーブルの表示ダイアログ

テーブルのフィールドを全て使用するので、フィールド名をダブルクリックし下のデザイングリッドに追加します。
次にリボンの[クエリ ツール]〜[デザイン]〜クエリの種類グループの[更新]をクリックします。
クエリの種類グループの[更新]をクリック

人口更新フィールドのレコードの更新のセルに下記の式を入力します。
int([人口]/10000+0.5)*10000
整数を四捨五入する関数がないので、小数にしINT関数で四捨五入、また整数に戻しています。
リボンの[実行]をクリックします。
整数を四捨五入する式を入力

「〇件のレコードが更新されます。〜よろしいですか?」とメッセージが表示されるので、問題なければ[はい]をクリックします。

メッセージにあるように更新クエリは元に戻せないので注意してください。

〇件のレコードが更新されますのメッセージ

実行結果です。
人口更新フィールドが千の位で四捨五入されているのが分かります。
作成したクエリを保存すると、クエリ名に下画像のようなアイコンが表示されます。
千の位で四捨五入された

サンプル データベース : 無料ダウンロード


スポンサーリンク




クエリ メニューへ
Copyright (c) Microsoft-Access.net All rights reserved.