練習問題1.新規データベースを作成し外部ファイルのインポート:Accessの資格取得

Accessの資格取得のための解説と練習問題へ

新規にデータベースファイルを作成し、XMLファイルをインポートします。

スポンサーリンク




Access2013で作成していますがAccess2016と大きな違いはありません。

■ 準備

下記の「XMLファイルをダウンロード」を右クリックし、表示されるメニューの[対象をファイルに保存]を選択します。
名前を付けて保存ダイアログが開くので、適当なフォルダに保存してください。

XMLファイルをダウンロード

■ 問題

1.新規データベースを作成します。ファイル名は「製品管理.accdb」にしてください。
2.上の準備でダウンロードしたXMLファイルをインポートしてください。
3.インポートした「製品マスター」テーブルを開いてください。

完成画面
完成画面

■ 解答 実行順

新規データベースの作成は、掲載している「新規データベースの作成」を参照してください。
作成後の画面は下のように、自動的にテーブル1が作成されています。
このテーブルは必要ないので[閉じるボタン」をクリックし閉じます。
テーブル1は必要ないので[閉じるボタン」をクリック

リボンの[外部データ]〜インポートとリンクグループの[XMLファイル]をクリックします。
インポートとリンクグループの[XMLファイル]をクリック

外部データの取り込み − XMLファイル ダイアログが開きます。
[参照]ボタンで上の準備でダウンロードしたXMLファイルを選択し、[OK]をクリックします。
[参照]ボタンで上の準備でダウンロードしたXMLファイルを選択

XMLのインポート ダイアログが開きます。
インポートのオプションが「テーブル構造とデータ」になっていることを確認し[OK]をクリックします。
XMLのインポート ダイアログ

[閉じる]をクリックします。
[閉じる]をクリック

これでナビゲーションウィンドウに「製品マスター」テーブルが追加されました。
ナビゲーションウィンドウの「製品マスター」をダブルクリックすると、テーブルを開くことができます。
ナビゲーションウィンドウに「製品マスター」テーブルが追加された

スポンサーリンク




Copyright (c) Microsoft-Access.net All rights reserved.