選択クエリをウィザードで作成 : Access(アクセス)

クエリへ

選択クエリとは、クエリの基本となるもので、1つ以上のテーブルから指定したフィールドを取り出したものです。ウィザードかクエリデザインから作成できます。

スポンサーリンク




■ ウィザードで選択クエリの作成方法

「T-生徒マスター」と「T-成績」の二つのテーブルから選択クエリを作成します。二つのテーブルは生徒IDでリレーションシップが設定されています。
リレーションシップ

リボンの「作成」 - 「クエリ ウィザード」をクリックします。
クエリウィザードの開始

クエリウィザードが開始します。
選択クエリウィザードを選択します。表示は「このウィザードで、選択したフィールドから選択クエリを作成します。」となります。
選択クエリウィザードの開始

「クエリに含めるフィールドを選択してください。複数のテーブルまたはクエリからフィールドを選択できます。」と表示されるので「テーブル/クエリ」を選択後、フィールドを選択します。
ここではテーブル「T-生徒マスター」から「学年」「出席番号」「氏名」フィールドを選択しました。
フィールドを選択

二つ目のテーブルを指定します。
ここではテーブル「T-成績」から「国語」「社会」「数学」フィールドを選択しました。
二つ目のテーブルからフィールドを選択

「クエリで集計を行うかどうかを選択してください」と表示されます。今回は集計は行わないので「各レコードのすべてのフィールドを表示する」にします。
クエリで集計を行わない

「クエリ名を指定してください。」と表示されるのでクエリ名を入力します。
「これで、クエリを作成するための設定は終了しました。クエリを作成した後に行うことを選択してください。」は「クエリを実行して結果を表示する」を指定しました。これでウィザードは終了です。
クエリ名の入力

完成した選択クエリです。二つのテーブルから指定したフィールドのみが取り出されています。
完成したクエリ
スポンサーリンク




Copyright (c) Microsoft-Access.net All rights reserved.