ルックアップリストに変更 : Access(アクセス)

テーブルの操作へ

既に登録済みのテーブルのフィールドをルックアップリストができるように変更します。ルックアップリストは既存テーブルかクエリからの作成と、リストをウィザードで直接入力し作成することができます。

ここではテーブルを使用し作成する方法を説明します。ウィザードで直接入力する方法はルックアップフィールドの追加を参照してください。

スポンサーリンク




■ ルックアップリストに変更する方法

変更したいテーブルをデザインビューで開きます。
変更するフィールドを選択しデータ型をルックアップ ウィザード...に変更します。
データ型の変更

ルックアップウィザードが始まります。
「このウィザードは、選択可能な値を表示するルックアップフィールドを作成します。ルックアップフィールドに表示する値の種類を選択してください。」と表示されるので「ルックアップフィールドの値を別のテーブルまたはクエリから取得する」を選択し、次へを押します。
「表示する値をここで指定する」の方法はルックアップフィールドの追加を参照してください。
ルックアップウィザード

「ルックアップフィールドの値の取得元となるテーブルまたはクエリを選択します。」と表示されるので使用するテーブル名かクエリ名を選択し、次へを押します。ここでは「T-取引先マスター」を選択しました。
テーブルの選択

「ルックアップフィールドの値の取得元となる(テーブル名)のフィールドを選択します。選択したフィールドは、ルックアップフィールドの列として表示されます。」と表示されるので、リストの元となるフィールドを選択し、次へを押します。ここでは「会社名」を選択しました。
フィールドの選択

「リストボックスの項目の並べ替え順を指定してください。並べ替えを行うフィールドを4つまで選択できます。それぞれのフィールドごとに昇順または降順を指定できます。」と表示されるので、並べ替え項目と順を指定し次へを押します。ここでは「会社名」を「昇順」に設定しました。
並べ替えの指定

「ルックアップフィールドに表示する列の幅を指定してください。列幅を調整するには、列の右端をドラッグします。また、右端をダブルクリックすると、入力した値の長さに合わせて列幅が自動的に調整されます。」と表示されるので、列幅を調整し次へを押します。
列幅の調整

「ルックアップフィールドに付けるラベルを指定してください。」と表示されるので、追加したフィールドの項目名を入力し完了を押します。ここでは”販売先”と入力しました。
ラベルの設定

完了すると「リレーションシップを作成する前にテーブルを保存する必要があります。保存してもよろしいですか?」と質問されるので問題なければ「はい」を押します。
保存してもよろしいですか

すでに変更するテーブルにレコードがあり整合性が一致しない場合「一部のデータが失われる可能性があります。1つまたは複数のフィールドの"FieldSize/フィールドサイズ"プロパティの設定が小さな値に変更されました。データが失われたことにより、入力規則に違反する可能性があります。」とメッセージが表示されるので、よければ「はい」を押します。
警告メッセージ

保存中にエラーが発生した場合「データの変換中にエラーが発生しました。○件のレコードが失われました。継続しますか?」とメッセージが表示されるので、よければ「はい」を押します。
エラーメッセージ

変更したテーブルをデータシートビューで表示し、変更フィールド入力枠の▼をクリックすると、指定したテーブルのデータがリストとなり表示され、選択できるようになります。
販売先をルックアップリストから選択する
スポンサーリンク




Copyright (c) Microsoft-Access.net All rights reserved.