Accessのデータベース作成手順

Homeへ
スポンサーリンク




1.データベースの新規作成

データベースの新規作成はテンプレートを利用し作成することもできますが、使用するのにぴったりのテンプレートがない場合も多く、Accessの学習も目的の1つならば新規に作成しましょう。
Accessの場合、エクセルのように新規に作成するとすぐにデータを入力し使用することはできません。次に説明する、テーブル作成は必ず必要になります。
データベースの新規作成

2.テーブルの作成

テーブルとはデータを入力する部品で、これをテーブル オブジェクトといいます。テーブルはエクセルのような表形式になっていて、これの1行を「レコード」といいます。そして列の1つを「フィールド」といいます。
例えば顧客管理データベースの場合、「顧客名」「電話番号」「住所」などの顧客1件について集まったものがレコードになります。「顧客名」などの1つの項目をフィールドといいます。
テーブルの作成

3.クエリの作成

クエリを使うとテーブルから必要なデータだけを取り出し、表示させたり変更したりすることができます。また、複数のテーブルから作成することもできます。
例えば顧客管理データベースの場合、「顧客名」を昇順に並べ替えたり、「住所」から東京都の顧客のみを取り出したりすることができます。
クエリの作成

4.フォームの作成

フォームは、操作メニューを表示したり、テーブルやクエリのデータの表示やデータ入力したりするのに使います。フォームを使うと、一般のアプリケーションソフトのようにユーザーが見やすく操作しやすいソフトを作成することができます。
フォームの作成

5.レポートの作成

レポートとは印刷帳票のことです。テーブルやクエリのデータを印刷することができます。データ位置や罫線の挿入なども自由にレイアウトできます。
レポートの作成
スポンサーリンク




Copyright (c) Microsoft-Access.net All rights reserved.