集計クエリをウィザードで作成 : Access(アクセス)

クエリへ

集計クエリとは、複数レコードで同じデータをグループにまとめることができるクエリです。これをグループ化といいます。グループ化された数値フィールドは、合計・平均・最大・最少などを計算することができます。

スポンサーリンク




■ ウィザードで集計クエリの作成方法

「T-製品マスター」と「T-製品販売」の二つのテーブルから集計クエリを作成します。
元となる「T-製品マスター」テーブルです。
製品マスターテーブル

元となる「T-製品販売」テーブルです。
製品販売テーブル

二つのテーブルは製品IDでリレーションシップが設定されています。
リレーションシップの画面

リボンの「作成」 - 「クエリ ウィザード」をクリックします。
クエリ ウィザード

クエリウィザードが開始します。
選択クエリウィザードを選択します。表示は「このウィザードで、選択したフィールドから選択クエリを作成します。」となります。
新しいクエリ ダイアログボックス

「クエリに含めるフィールドを選択してください。複数のテーブルまたはクエリからフィールドを選択できます。」と表示されるので「テーブル/クエリ」を選択後、フィールドを選択します。
ここではテーブル「T-製品マスター」から「製品ID」「製品名」フィールドを選択しました。
マスター フィールドを選択

二つ目のテーブルを指定します。
ここではテーブル「T-製品販売」から「販売数」フィールドを選択しました。
データ フィールドを選択

「クエリで集計を行うかどうかを選択してください」と表示されます。集計するので「集計する」にし、「集計のオプション」をクリックします。
集計する

集計のオプション ダイアログボックスが開きます。
「フィールドに対して行う演算を選択してください。」と表示されるので集計項目を選択します。
集計項目は下記から選択できます。
  • 合計
  • 平均
  • 最少
  • 最大
  • レコード数(カウント)
ここでは「合計」「最少」「最大」「レコードをカウントする」を選択しました。
集計のオプション

クエリ名を入力し完了します。
クエリ名を入力

完成した集計クエリです。
製品ID 2 の販売数合計は58、最少は16、最大は22、レコード数は3 ですから正しく集計されています。
集計クエリの作成完了
スポンサーリンク




Copyright (c) Microsoft-Access.net All rights reserved.