集計クエリをデザインで作成 : Access(アクセス)

クエリへ

前回、集計クエリをウィザードで作成しましたが今回はクエリデザインで作成します。デザインでは標準偏差・分散等さらに多くの集計方法が選択できます。

スポンサーリンク




■ グループ化で選択できる集計方法
  • 合計
  • 平均
  • 最少
  • 最大
  • カウント
  • 標準偏差
  • 分散
  • 先頭
  • 最後
  • 演算
  • Where条件

■ クエリデザインで集計クエリの作成方法

「T-製品マスター」と「T-製品販売」の二つのテーブルから集計クエリを作成します。
元となる「T-製品マスター」テーブルです。
製品マスターテーブル

元となる「T-製品販売」テーブルです。
製品販売テーブル

リボンの「作成」 - 「クエリ デザイン」をクリックします。
クエリデザイン

テーブルの表示ダイアログボックスが開くので、「T-製品マスター」と「T-製品販売」を追加し閉じます。
テーブルの表示ダイアログボックス

クエリに二つのテーブルが表示されます。結合線をダブルクリックし結合方法を設定します。
結合線をダブルクリック

結合プロパティ ダイアログボックスが開くので、「T-製品販売の全レコードとT-製品マスターの同じ結合フィールドのレコードだけを含める。」を選択します。
T-製品販売は同じ製品IDのレコードが複数あり、これの販売数を集計するからです。
結合プロパティ

「製品ID」「製品名」「販売数を4回」ダブルクリックし下のデザイングリッドに移します。
デザイングリッド

リボンの「クエリツール デザイン」-「集計」をクリックします。
集計ボタン

デザイングリッドの集計行にグループ化と表示されます。
最初の販売数フィールドの集計セル▼をクリックし、表示されるリストから合計を選択します。
グループ化

同様に販売数の集計を「最小」「最大」「カウント」に設定します。
集計方法の選択

リボンの「実行」をクリックし、クエリをデータシートビューで表示します。
実行ボタン

完成した集計クエリです。販売数が集計されています。
集計クエリ

■ クエリの保存方法
クエリを閉じようようとすると「クエリの変更を保存しますか?」とメッセージが表示されるので「はい」を押します。
クイックAccessツールバーの上書きボタンをクリックしてもOKです。
保存しますか

名前を付けて保存ダイアログボックスが開くので、クエリ名を入力し「OK」を押します。
前を付けて保存ダイアログボックス
スポンサーリンク




Copyright (c) Microsoft-Access.net All rights reserved.